親族間で起こる土地の名義トラブル

叔父とのトラブルです。 父が所有している土地の一部が、叔父の名義になっていました。

それは祖父の世代での名義の書き換えミス。次に書き換える時に正確に正す約束をしておりました。

そして父が亡くなり、母が遺産を全て相続することになりました。 母の希望はその土地を処分したいとのことです。今のままでは売却はできないので、叔父にこちらが手続きにかかる費用は持つので、名義変更をして欲しいと伝えました。

ところが父の生前には快諾していたのに、渋りだしました。 買い取って欲しいと言い出してきたのです。

40年近く、税金もうちで支払っているのに(毎年請求書を持ってやってきます)
どういうことかと聞いても、正当な権利だと言い張ります。もちろん法律的にこちらに勝ち目はありません。

結果、相場価格を支払い、その場を収めましたが、もちろんその後の関係は険悪なものになってしまいました。

もっと早くミスがわかった時点で変更していればと母が悔やんでおります。
兄弟親族間でも、お金の問題は難しいと痛感しました。

PR|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|生命保険の口コミ.COM|カラスの童話|マッサージのリアル口コミ.com|内職 アルバイト|JALカード|優良サイト順|ショッピングカート|家計見直しクラブ|健康マニアによる無病ライフ|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|童話|オーディオ|